テーマ:旅行

南紀白浜のんびり車旅!

2月12日~13日 南国紀州に住みながら何年ぶり? 妻と二人で久しぶりの南紀白浜へ車旅! 風情のない高速道路を使わず国道42号を南下。 家族で訪れたアチラコチラを忘却の彼方から引き出し、 あんなこと、こんなことを----- 懐かしい町並みや、自然風景を思い出しながら--- 約3時間で白浜のホテルへ到着。 さっそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士は日本一の山!

2016.3.13~14. どこから眺めてもやっぱり富士は富士!!! 富士花鳥園より望む富士! 周遊道路から望む富士! かろうじて逆さ富士も(田貫湖) 田貫湖(休暇村富士)から望む富士! 『ふじの山』(文部省唱歌)2番 ♪♪青空高くそびえたち  からだに雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中湖畔(白鳥の湖)にて!

2016.3.13.早朝 静かな湖畔の朝のひと時! 2羽の白鳥(コブハクチョウ)が朝食タイム? ゆったり!まったり!-----仲良く憩っていました! バックにあるはずの富士の雄姿は雲隠れ! やはり静かな湖畔の早朝のひと時です! ここで、いつも富士を見上げながら ♪白鳥の湖♪を舞っているの-----!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウトナイ湖サンクチュアリ!

2015.10.31. マガン群れ翔ぶ! ウトナイ湖サンクチュアリ(苫小牧市)にて。 この時期、数千羽ものガンの群れが湖面で羽を休めるらしい--- この日も無数の群れを観察できました! 鳥たちまで数百メートルもあって--- とてもコンパクト・デジカメでは限界超え! マックス60倍、なかなかピントが合いません! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリアフリーな宿・とぅもろう!

2015.10.30~31 バリアフリーな宿・とぅもろう! 美瑛の丘散策の拠点は、 「バリアフリーな宿・とぅもろう」さんにお世話になりました! 美馬牛駅近くのとても素敵な宿でした-----! そこで見つけた1冊の本「美馬牛の丘にて・永遠を思う旅人」より----- 「うつしよに 上を仰ぎて 道歩む       朝光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新雪を頂いた十勝岳連峰!

2015.10.29 新雪を頂いた十勝岳連峰! (望岳台 930mより望む!) 右から富良野岳(1912m)、上ホロカメットク山、 主峰・十勝岳(2077m)、美瑛岳(2052m)、美瑛富士(1888m)、 ベベツ岳など2000m級の峰々が迫ってきます!!! 前日の望岳台 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白金温泉の魅力的な風景!

2015.10.29 白金温泉の魅力的な風景は、絶景かな!絶景かな! 白ひげの滝! 青い池 夜明け前、チェックアウト後、 そして三度目の正直で青空のもとに-----!!! 白金街道から見る美瑛岳! 左手には美瑛富士が連なって-----!!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘のすばらしい風景!

10日28日 美瑛の丘の○○の木! ♪♪この木なんの木 気になる木-----♪♪ 美瑛の丘には、 季節ごとに丘を彩るいろいろな木立がありました! これは何の木だろう? 一本の木----- 親子の木、兄弟の木、恋人の木、ケンとメリーの木、 クリスマスツリーの木、パフィーの木、5本の木----- ポプラ、カラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!⑨~ウムバンガ(コミュニティワークデイ)参加!~

3月28日、訪問最終日午前中! キガリ市内のジェノサイド跡地「ニャンザ・メモリアルサイト」で、ウムバンガ(コミュニティワークデイ)という各地域での奉仕活動に参加! 毎月の最終土曜日がウムバンガ(コミュニティワークデイ)と定め、 午前中を市民による草刈りや清掃などの奉仕活動を義務付けているとのこと。 3月28日、帰国の日で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!⑧~グウイザ地域訪問~

3月26日 グウイザ地域の栄養改善事業の一環! 家庭菜園(キッチンガーデン)造りをお手伝い! 現地の人々と力を合わせて 土づくりや杭づくり作業など-----、 そして同時に種蒔き-----!!! こうした手づくりの農作業の支援をとおして、 新鮮な野菜や果物となって子どもたちに栄養のある食事が提供される。 栄養価の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!⑦ ~グウイザ地域のジェノサイド記念館訪問!~

3月26日午前 曇りがちの日が続いていたが、ようやく朝日を見ることができた! 町並みはいつもきれいで、道路脇にはほとんど紙屑を見かけない! 美化意識が徹底されているのだろうか? ゴミ屑の目立ったタンザニアとは大違いである。 いや、今の日本と比べてもルワンダのほうが美しい! そんな美しい風景を見ながら、 昨日と同じルート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!⑥~グウイザ地域訪問~

3月25日午前 ジェノサイド記念館訪問後、2ヵ所目の支援地域へ-----! グウイザADPの人々から歌と踊りの熱烈歓迎を受けた後、 この地域のチャイルドとスポンサーとの感動のご対面! すばらしい交流のひととき!!! 3月25日午後 チャイルドとの面会後、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!⑤ ~ジェノサイド記念館(キガリ市)訪問!~

3月25日午前 ジェノサイド記念館(キガリ市)を訪問! 100万人もが虐殺された悲しい出来事から約20年。 アフリカの奇跡は、----- ここまでの道のりは、 並大抵のことではなかったと思いますが、 その過程には、 加害者と被害者の心情を吐露する時があって-----、 加害者の心からの謝罪! それを受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!④~キラムルジ地域での支援活動~

3月24日 2日目 雨季のサバンナ! 今朝も小雨が降る中、昨日と同じ道をキラムルジADPへ向かう。 家建設のためのレンガ造りのお手伝い、 まずは、赤土掘り 赤土と水とワラを混ぜてこねてから、 木の型枠にはめ込んで乾燥させる! 単純な作業であるが初体験者には体力的に相当きつい! この赤土は粘度質がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!③~キラムルジ地域でチャイルドとの面会~

3月23日7:30ホテル出発  まずは一カ所目の支援地キラムルジ地域へ!!! チャイルド・スポンサーと支援チャイルドとの感動の面会の時がきた! 2009年10月に支援を始めた時はまだ6才だったが、 今年4月には12才になる女の子。 年に1度送られてくる写真をたよりに見つけられるだろうか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!②~キガリに向けて~

千の丘の国ともアフリカの奇跡とも呼ばれる国へ! ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)のチャイルド・スポンサーの支援地訪問ツアー 「地球あちこち~ルワンダを知る旅!」に参加! 私にとっては、タンザニアに続き三度目のアフリカ行! 千の丘の国~ルワンダは、 ほぼ赤道直下の熱帯サバンナ気候帯にありながら、平均標高が1,600…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の丘の国~WVJ・ルワンダを知る旅!①~ジェノサイド(大虐殺)から20年・アフリカの奇跡~

1994年の大虐殺から20年を迎えた昨年。 読売新聞の特集「ルワンダ奇跡の高成長」(2014年3月28日朝刊) を読んで私は、映画「ホテル・ルワンダ」を思い出した。 -----道端に累々と重なる虐殺死体-----刃物を手に興奮する民衆の姿----- あまりにも悲惨な映像だった-----。 その“アフリカの奇跡”をこの目で確かめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座間味島にて-1.

2月1日 久米島から座間味島へ移動!と言ってもそう簡単には移動できない! 久米島からフェリーで途中、慶良間諸島を横に見ながら、 一旦那覇泊港へ戻り、 ふたたび泊港から高速船クイーンざまみで座間味島へ! 久米島~那覇・泊港~座間味島へ、ほぼ1日がかりである。 当初予定していた高速艇ニューくめしまが強風のため欠航に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久米島にて-3.島めぐり!!

1月31日 アーラ浜: 製糖工場裏手からの狭い林道をぬけると、周りを山で囲まれた静かなプライベートビーチが 鳥の口 フェリーからも見えていたが、まるで空を仰いだ鳥のクチバシのような形をした奇岩。 トクジム自然公園内島尻崎の中にある。「鳥の口遊歩道」 比屋定バンタ バンタ(崖)の上に整備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久米島にて-1.自然の奇岩!絶景!

久米島は沖縄本島の西、約100kmの海上にある。 島全体が県立自然公園に指定され、サンゴ礁に囲まれた亜熱帯の自然豊かな島である。 沖合いの広大な砂州、"はての浜"をはじめ、 島全体に自然の奇岩・絶景など美しい景観に恵まれている。 また、島固有種のリュウキュウヤマガメ、クメジマボタルなど貴重な動植物も生息。 そんな久米島を初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの自然-7.

10月15日 轟の滝(名護市)   島 帰路の飛行機からのサンセット! 無事!帰宅。 なにをわざわざ沖縄まで、 大型台風を迎えに行かなくても? そう言われてもやむなしの感じで、 ホテルに缶詰め状態で身を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの自然-6.民宿“やんばるくいな荘”

10月13日、14日、15日 沖縄、やんばるの民宿“やんばるくいな荘”にて! スーパー台風直撃後の、 民宿での思いがけない最高のおもてなし! その心づくしと、 見事なまでの演出に、まいった!まいった! 感動!感激!感謝! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの自然-5.森と海

10月14日 ター滝(大宜味村平南)への入り口部 滝までは、約40分の沢登りが必要とのこと-----! 残念ながら入り口付近でチョウの写真を撮ってガマン!!! 古宇利大橋を渡って、古宇利島のハートロックへ! 島の北側海岸にあるハート型の岩礁で、人気スポットになっている! 比地大滝(国頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの自然-4.猛烈台風一過!

10月13日 台風一過のやんばる北部へ、 しかし、海岸道路では大波が岩にぶつかって波しぶきを上げている! 荒れ狂う最北端の辺戸岬! 波しぶきを見ていた視線を丘に向けると『祖国復帰の記念碑』があった! 記念碑には、次のような一文が記されていた。          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの自然-3.ついに上陸した猛烈台風!

沖縄本島本部半島にて 10月11日 台風19号 (ヴォンフォン930hPa)は、 11日6時現在、 那覇の南南東260kmを時速15kmで北上中。 すでに大荒れ状態、暴風圏に突入! 今夜半~明日未明にかけて上陸、本島を横断!? 那覇空港、沖縄自動車道閉鎖、交通機関ストップ!----- 930hP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの自然-2~モーレツ台風接近中!

10月10日 沖縄本島本部半島にて 今朝は曇り空、強風! モーレツ台風19号 (ヴォンフォン920hPa)接近中! しかし遅い、自転車なみの時速10km。 そして、風はますます強くなっている! 少しでも動けるうちに沖縄美ら海水族館を見ておこう!! 今日は美ら海水族館でゆっくり!まったり! 美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの自然-1.本部半島にて!

沖縄本島本部半島にて!1日目 10月9日 朝日は雲間に隠れて見えず、厚い雲に覆われた東の空、 台風接近中!の伊江島、備瀬崎方面。 上空は雲の流れ早く、台風接近がひしひしと感じられる----------!???? 西は晴れたり曇ったり-----当然、風が強い! 日中はものすごく速い雲の流れだった。 少し晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界谷地原生花園!

 世界谷地原生花園は、 栗駒山の標高669mから707m地帯に広がる細長い湿原。 幾つかの湿地帯に分かれているが、 今回訪れたのは小規模な第1湿原であった。 残念ながら第2湿原は通行禁止になっている。 あいにくの雨模様であったが、 6月下旬に咲き始めるニッコウキスゲの大群落など美しい高山植物を見ることができた。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗駒山に登る!

宮城、秋田、岩手の東北三県境に位置する標高1,627mの栗駒山は活火山である。 その山頂近くには、1944年の水蒸気噴火によってできた昭和湖があり、 乳白色の神秘的な水面が、ときにはエメラルドグリーンにも見え登山者の疲れを癒やしてくれる。 そんな栗駒山は、地域によって須川岳、大日岳、駒ヶ岳とも呼ばれ親しまれている。 今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more