テーマ:

チャリティ・ライブ!「命と希望のリレー」

そこには、他人に対する愛と思いやりとが溢れていました。 レモネード・カフェ2階で開かれた「命と希望のリレー」と題したチャリティ・ライブ、 その多彩な出演者たちの熱い思いが狭い店内に充満していたからです。 この日は特別に、 目が不自由だけれどピアノもバイオリンも歌もOkという女の子リカちゃんの演奏と歌まで聞くことができ、こころ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコと日本 友好のエピソード~No.3~   わしらの海でトルコ軍艦が沈んだ!

 10月27日、NHKのドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」で、「わしらの海でトルコ軍艦が沈んだ!」が放映された。  日本の歴史の中で最初にイスラム国と接触した人は、本州最南端の地・串本町大島の漁村の人たちであった。 そして、そのイスラム国はオスマン・トルコ。トルコ人が最も好きな国は、なぜか日本だという。どうしてなのか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコと日本 友好のエピソード~No.2

 トルコにとって日本が特別な友好国になった原点とは?どのような出来事だったのか?    明治23年(1890年)6月。横浜港にトルコの軍艦が3ヶ月間滞在した。当時のトルコは、皇帝が国を治めるオスマン帝国、オスマン・トルコと呼ばれていた。そのオスマン皇帝の命令を受けたトルコ軍艦『エルトゥ-ルル号』が、はるばる1年もの船旅で日本にやって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トルコと日本 友好のエピソード~No.1

 10月1日のNHK総合テレビ「かんさい特集」は、日本とトルコの友好の原点になった歴史事実を紹介していた。 それは、120年前に潮岬沖で嵐のため遭難したトルコの親善使節団が乗ったエルトゥールル号乗組員の救助活動に献身的に尽くした串本町民の人類愛だった。 (トルコと日本 友好のエピソード~No.2に記す)  じつは、そのことがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザー・テレサ ~偉大な人の生誕百年~

 8月26日は、マザー・テレサ(Mother Teresa)の生誕100年にあたる。 この日、インド・コルカタ(Kolkata)の「神の愛の宣教者会(Missionaries of Charity)」など各地でマザーを偲んで記念式典などが行われたとのニュースが伝えられた。  キリストの愛を伝えるために一生を捧げ通した偉大な功績は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわやかな朝!

 早朝のウオーキングが、あんなにも爽やかに感じられたことは初めてだった。 赤く染まった東の空から真夏の太陽が顔を出した直後のこと、その突然の出来事は起こった。 歩き出して15分、じっとりと汗ばんできた頃。 前方から走ってきた2台の自転車に乗っていた女の子二人が、 「おはようございます!」 と、声をかけてきた。 一瞬、?と思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「しあわせの隠れ場所」

 アカデミー賞主演女優賞を受賞したサンドラ・ブロックの「しあわせの隠れ場所」(THE BLIND SIDE)を鑑賞した。原作『The Blind Side』は、実在するNFLボルチモア・レイブンズのスター選手(レフトタックル)マイケル・オァーの半生を書いた実話だそうです。  日本語タイトル「しあわせの隠れ場所」というのは、原題「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インビクタス」/負けざる者たち

 またまた、クリント・イーストウッド監督がすばらしい作品を作ってくれました。昨年の「チェンジリング」も「グラン・トリノ」も良かったし、実話に基づいているというだけになかなか見ごたえのある監督30作目の感動の力作です。  この映画は、「一つの願いが本当に世界を変えた物語」です。  1995年、南アフリカで開催されたラグビーのワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ベンハー」~キリストの物語~

 NHK衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集で、映画史に燦然と輝く不朽の名作「ベン・ハー」を鑑賞しました。 原題 :Ben-Hur(1959年) アメリカ (監督):ウィリアム・ワイラー (撮影):ロバート・サーティス (音楽):ミクロス・ローザ (出演):チャールトン・ヘストン、ジャック・ホーキンス、スティーブン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「プレイス・イン・ザ・ハート」~愛がなければ~

 NHK衛星映画劇場のアカデミー受賞作品特集。連日、懐かしの名作が放映されています。映画ファンにとっては見逃せない嬉しい企画ですが、バンクーバー・オリンピックも見なければならず、なかなか鑑賞できません。どうしよう!うれしい悲鳴です。  アカデミー主演女優賞(サリー・フィールド)ほかを受賞した「プレイス・イン・ザ・ハート」。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レ・ミゼラブル」 輝く光の中で!

 フランスで1995年に製作された映画『レ・ミゼラブル』が、NHK衛星放送で放映されたのでビデオ撮りして鑑賞しました。  この作品は、原作「レミゼラブル」をそのまま映画化したものではなく、原作を題材にしながら一工夫凝らして物語の舞台を20世紀初頭のフランス・ノルマンディ地域に置いて描いています。やがてドイツにナチスが台頭してユダヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピースメーカーと ゴスペルソング

「希望と愛」を歌い、「希望と愛」を語り、 その周りに平和を築いて、平和の輪を広げるために活動している若者たちがいる。 その名は「Peacemaker ピースメーカー」 そのまんま、「平和を作る人」であるが、名は体を現すと言うからホンモノである。 歌を通して、しかもゴスペルだから間違いない。 ゴスペルは、「God Spe…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ふれあい人権フェスタ」

 12月10日は世界人権デー。そして、その日に向けて「人権を考える強調月間」が11月11日からスタートしました。本来は、強調しなくてもすむ社会が形成されていれば、そんなことをする必要もないし、365日、年間を通じて人権デーであるはずですが、そうはならない悲しい現実社会があるということです。  今年も、「ふれあい人権フェスタ2009…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more